【教育理念】

品格と協調:品位と協調性があり視野の広い社会人としての基礎力を教育する。

熱意と実意:自発的に学び誠意をもって従事して信頼信用される薬剤師を育成する。

知識と実力:医療と環境に関する専門知識と技能と実行力を併せ持つ薬剤師を育成する。

【教育目標】

生命科学・医療科学的専門知識と技能および実践力を備え、高い倫理観を有する人間性豊かな薬剤師を養成し、国民の健康・福祉の向上に寄与する。

【教育方針】

医療人の心構え:導入・教養教育は、医療人としての心構えや態度や倫理観を醸成し、コミュニケーション能力を向上させる。

薬と人に対応:専門教育は、医薬品と疾病、食品栄養と健康など薬剤師が活躍する多様な学術領域を教育する。さらに薬の専門家として患者さんと適切に接遇できる技能と態度を修得する実地教育を進める。

【教育プログラム】

参加型学習の重視:薬学部は体験・実習・討論・発表などの参加型の学習を重視している。与えられた課題を少人数で討論しながら問題点を抽出し、解くための情報を自ら探して解決策を提案する。

栄養情報担当者養成:国立健康・栄養研究所が指定した栄養情報担当者養成講座を開講している。医薬品と食品の適正使用に通じた薬剤師を養成する。

地域と連携した教育:地域の病院・薬局と連携した研修会を通して地域の薬剤師との交流を深める。

自己学習の支援:学習支援システムを整備し、自宅においても講義の復習や国家試験対策の自習ができる。さらに少人数ごとの担任教員が自主的な学習を督励支援する。

【求める学生像】

1.薬剤師として患者さん中心の医療・健康・福祉に貢献したいと考えている学生。

2.薬物治療だけでなく予防や保健衛生の分野で社会に貢献したいと考えている学生。

3.生命薬学研究や医薬品の開発研究に興味があり、薬剤師の資格も得たい学生。

 

Screenshot of www.osaka-ohtani.ac.jp

よくあるご質問

メールでのお問合せ

無料 #受験アラートサービス

一般前期後期、推薦AO、合同入試説明会、オープンキャンパス、募集要項の請求、出願など、入試には、様々な締め切りがあります。各申込期限や忘れてしまいがちなスケジュールなどをメールにて配信します。