教育理念

高度な専門知識と技術を備えた人間性豊かな薬剤師を養成する

教育目標

近年の医療は、医療サイド中心の医療から患者中心の医療に変貌しつつあります。薬剤師も医療現場において、単に調剤し、薬剤を供給するだけでなく、患者はもちろん、医療に直接携わる他の医療従事者にも、薬剤の適正な使用に必要な情報を提供することが義務付けられるなど、薬剤師がチーム医療の一員としての位置づけが明確となり、その果たすべき役割は質・量ともに増大しました。さらに、薬剤師としてのコミュニケーション能力や倫理性、人間性豊かな人材が求められ、本学創立以来の建学の精神である「人間性豊かな医療人の養成」は、まさにそれであります。本薬学部は、このような社会の要請に応えるとともに、医療人として日進月歩の学問に対応しえる柔軟な思考力と、21世紀に必要とされる問題発見・解決能力を併せ持つ病院薬剤師、開局薬剤師の養成を目指します。この教育目標は同時に、将来の製薬企業で医療品の開発、製造及び医薬品情報担当者(MR)となれる薬剤師を養成することにもなり、または薬事行政に携わることの出来る、優れた薬剤師を養成することにもなると考えます。

Screenshot of www.ohu-u.ac.jp

よくあるご質問

メールでのお問合せ

無料 #受験アラートサービス

一般前期後期、推薦AO、合同入試説明会、オープンキャンパス、募集要項の請求、出願など、入試には、様々な締め切りがあります。各申込期限や忘れてしまいがちなスケジュールなどをメールにて配信します。