アドミッションポリシー

アドミッションポリシー(admission policy)とは入学者に求める能力や適性についての基本方針です。ここでは、薬学部のアドミッションポリシーを説明します。

 

静岡県立大学薬学部は、「医療を通じて人類の健康に貢献する総合科学としての薬学教育を通して社会に貢献する人材を育成する」という理念のもとに、医療の担い手として貢献する倫理観を備えた薬剤師の養成、および創薬科学、生命薬学をになう想像力豊かな研究者や高度専門職業人の育成を目指して高等教育を推進しています。本薬学部には「医薬品の創製・生産・管理、環境・保健衛生・福祉および医療従事者としての薬剤師の職能などに係わる知識」を修得できる環境が整っています。大学人としての教養を身につけ、世界に通用する語学力を養うととともに、化学、物理、生物を基盤とした薬学的基礎知識とその応用展開能力を醸成し、医薬品の開発現場や医療現場で活躍できる人材の育成に努めています。こうした指導的立場で、薬学人として社会に貢献したいという人材を求めます。

Screenshot of www.u-shizuoka-ken.ac.jp

よくあるご質問

メールでのお問合せ

無料 #受験アラートサービス

一般前期後期、推薦AO、合同入試説明会、オープンキャンパス、募集要項の請求、出願など、入試には、様々な締め切りがあります。各申込期限や忘れてしまいがちなスケジュールなどをメールにて配信します。